南道路だからすべて道路面全て大きな窓っておかしいと思っていました。

信号待ちでみる南に道路のある住宅のリビンの窓は大きい掃き出し窓なので、カーテンか雨戸が閉められています。きっと住んでいる人は中が見られるくらいなら暗い方がいいと思ってみえるのでしょう。残念な間取り・・・。

この物件の間取り打合せで一番設計として提案したいことを主張した、6回目のプランが中庭の家として、お客様に採用していただきました。

シンプルでも照明で個性を。中庭を中心にして家族の気配は全て感じられます。玄関内は家庭菜園も、屋根付きのバイク置き場もあります。

中庭に開いた家になったのは家事と暮らすこと主導のプランニングにしたら。洗濯物を干したままでかけられ、一階は外から見られることもないのにワンフロアに感じる。不思議な間取りかもしれませんが、敷地に余裕があればこの形式が暮らしやすいと思います。(外構と外壁を兼用するので合理的なんですよ)
外観はモダンデザインの白い家になりました。収納、バイク置き場、30年後の生活も想定しての人生重視派の事例です。

尾張旭市内に住む別のお客様が この家のことを建築工事の時から興味を持ってみていらして、プライバシーのあるおしゃれな家だねとコメントもいただきました。